もしもの時の為に役立つ放射能測定器

平和な日常が一転して、放射能の被害が降り注ぐ事も少なからずあるでしょう。実際に原子力発電所は世界各地にできつつあります。でも…もしもの場合が発生してしまったらあなたはどうしますか?

現在販売されている放射能測定器及び放射能にまつわる本

おすすめの品 詳細説明
放射線を知り尽くした、ロシアの放射線技術士が開発したポケットサイズの測定器
  • 検地したベータ線・ガンマ線をデジタル表示
  • 測定範囲は、0.05~9.99μシーベルト/h
  • 簡単なボタン操作
  • 約100gのコンパクトサイズ
  • アラーム設定可能
  • 約40秒間隔で連続測定可能
  • 異様放射科学の目次
  • 放射性壊変と放射能
  • 放射線と物質との相互作用
  • 放射線の測定原理
  • 天然放射性核種と人工放射性核種
  • 放射性核種の分離
  • 放射線・放射性同位元素の応用
  • 放射線の生体への影響
  • その他の参考項目
  • 色々な疑問解決!放射能・放射線

    放射能と放射線って違って聞いたんですけど本当ですか?

    簡単に例えますと、太陽が放射能で太陽光線が放射線です。放射能から発するものが放射線という考え方でいいでしょう。ウランなどの原子は質量が比較的大きくあり、濃縮して核分裂を起こしてそのエネルギーを使用した仕組みが原爆になっています。

    正直、放射能ってどれくらい怖いものなんですか?

    実は鳥取県の三朝温泉などでは、放射性物質が含まれています。しかし、放射線があるからといって人体に影響があると安直に考えなくてもいいです。実際には私達人類は、年間2.4ミリシーベルトの放射線を受けています。(正確には被爆しています。)500ミリシーベルトを超える放射線から発がん性の影響が考えられると言われています。

    このページの先頭へ

    携帯アクセス解析